スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高額報酬請求の弁護士処分=三菱タイヤ脱落事故訴訟で―横浜弁護士会(時事通信)

 横浜市で2002年1月、母子3人が死傷した三菱自動車製トレーラーのタイヤ脱落事故をめぐる訴訟で、高額な着手金を遺族に請求したなどとして、横浜弁護士会は1日、同会所属の青木勝治弁護士(70)を6カ月の業務停止処分とした。
 水地啓子同弁護士会会長は記者会見で「言語道断。遺族に2次被害を与え、弁護士への信頼も損なう行為だ」と述べて謝罪した。
 青木弁護士は「処分は事実無根。日弁連に審査請求する」と話している。
 横浜弁護士会によると、青木弁護士は08年9月、死亡した女性の母親に対し、訴訟の着手金や報酬などとして計約2110万円を請求。事務員の署名を使うなどして、無断で遺族の委任状を作成して上告したという。 

<民主党>参院複数候補区「見直しも」 安住選対委員長(毎日新聞)
<雑記帳>東尾さんらに ベスト・ファーザーin関西授賞式(毎日新聞)
<流しそうめん>2500メートル、ギネス挑戦 御嵩で住民ら、竹製レール作り(毎日新聞)
「ようやく戦える」 参院選、関西の民主複数区候補(産経新聞)
<環境白書>閣議決定 環境技術で新たな成長(毎日新聞)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。