スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢氏、再び不起訴 供述食い違い、真相は?(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長(67)が21日、再び不起訴処分となった。東京地検特捜部による捜査は1年余り続いたが、小沢氏の資金管理団体「陸山会」の土地取引をめぐる事件は不可解さが残ったままだ。小沢氏、元秘書、業者…。誰が本当のことを言っているのか。「証拠に基づき起訴できなかったが、実態はどうだったか」。首をかしげる検察幹部もいる。互いの供述は食い違い、事件の全体像は今も判然としない。

 ≪相談なかったか≫

 「そうか、そうしてくれ」

 関係者によると、衆院議員の石川知裕(ともひろ)被告(36)は起訴前の調べに、陸山会が平成16年10月に問題の土地を購入する際、小沢氏に土地の所有権移転の登記日を17年1月にずらすよう提案、小沢氏はこう応じた-と供述した。

 「いずれある党代表選挙を考えると、小沢先生が大金を持っていることを表に出すのはよくないと考えた」とも供述。小沢氏からの借入金4億円を隠す目的で登記をずらしたという。

 石川被告は特捜部の再聴取にもこうした供述を繰り返したが、小沢氏は再聴取でも「何の相談も受けていない」と否定。食い違いを見せている。

 検察審査会は「収支報告書を提出する前に、小沢氏に報告・相談などした」とする石川被告の供述を証拠として採用し、虚偽記載への関与を否定する小沢氏の供述を退けた。

 関係者らへの取材では、そもそも土地購入を指示したのは小沢氏本人であることが判明している。元公設第1秘書の大久保隆規被告(48)が小沢氏宅から近い土地を見つけ、小沢氏の指示で購入したという。なのに何の相談も受けないのか。不可解さが残る。

 とはいえ、ある検察幹部は「石川被告の供述は何が本当で何がウソなのか判然としない。虚偽記載に直結した供述でもなく、証拠に基づいた判断では小沢氏の共謀は認定できない」と話す。

 ≪カネはどこから≫

 石川被告の供述の信用性を疑わせる一端が、土地代金の原資だ。

 岩手県の胆沢(いさわ)ダムを下請け受注した水谷建設の元幹部が特捜部の任意聴取に、土地購入の時期と重なる16年10月に石川被告に5千万円を渡したと供述した。関係する証拠から、特捜部は土地代金の原資にこの「裏献金」が含まれているとみている。

 これに対し、石川被告は現金受領を全面否定。「元幹部と会ったという認識はない」とした。だが、特捜部は石川被告の関係先で元幹部の名刺を押収、虚偽供述との見方を強めたが、石川被告は否定を貫いた。

 小沢氏は土地代金の原資について、「政治献金」から「銀行融資」と説明を変遷させ、初めて聴取を受けた1月には「信託銀行にあった資金を引き出し、事務所で保管していた現金」と説明した。「金融危機で銀行に預けておくのが危ないと思った」。これが理由だが、なぜコロコロと説明は変わるのか。

 「私も秘書も不正なカネは一切もらっていない」と全面否定を続けた小沢氏。だが、大久保被告は逮捕時、「水谷建設側からの現金受領」と供述した点では水谷建設元幹部の供述と一致しており、小沢氏とは食い違っている。

【関連記事】
小沢氏不起訴 信頼裏切る形式的な捜査
「政治とカネ」の悪影響回避へ 閉会急ぐ民主
小沢氏、政倫審出席は白紙に 国会会期延長せず
小沢氏、元秘書、業者…真実を語るのは誰?
大久保被告の訴因変更を決定 東京地裁
中国が優等生路線に?

郵政法案、「土日、夜中も審議」=今国会成立に意欲―亀井担当相(時事通信)
衝突の瞬間「ガツッ」 叫ぶ乗組員 SS元船長初公判ライブ(産経新聞)
福島氏に辞任促す=北沢防衛相(時事通信)
首相、北海道訪問を中止…口蹄疫や沈没事件で(読売新聞)
<気象庁>市区町村単位の気象警報 細かすぎて速報見送り(毎日新聞)
スポンサーサイト

特別交付税で全額措置=口蹄疫、処分家畜への県補償分-原口総務相(時事通信)

 宮崎県で口蹄(こうてい)疫被害が拡大している問題で、原口一博総務相は18日、感染が疑われる家畜の殺処分に伴う農家の損失を同県が肩代わりした場合、特例として特別交付税を全額手当てする方針を表明した。現行では自治体による独自補償分の2分の1が交付対象だが、感染を食い止めるため措置率を引き上げる。
 農家の損失については現在、家畜伝染病予防法に基づき、殺処分した家畜の評価額の8割を農水省が交付金で支援。共済に加入していると、残りは共済でカバーされる。しかし、非加入のため残り2割の自己負担を強いられる農家を対象に、自治体が独自補償した場合、その2分の1を特別交付税で穴埋めしている。 

【関連ニュース】
全頭殺処分、農家の理解必要=口蹄疫の対策費拡充を
3月下旬に県の検査すり抜け=口蹄疫感染の水牛
野党、口蹄疫拡大で集中審議を=郵政法案、午後審議入り
口蹄疫、金融機関に対応要請へ=亀井金融相
鳩山首相「政府対応に問題あった」=被害農家支援に万全期す

嫁不足…狙われる東北の農家 純粋な男心を弄ばれた被害者の心の叫び(産経新聞)
中曽根氏が自著で小沢氏を評価 小泉氏は「期待外れ」(産経新聞)
「宮崎牛」種牛は避難、移動制限区域内だが特例(読売新聞)
生きる 心癒やす弦の音色 川畠さん演奏会(毎日新聞)
<コンテナ戦略港湾>伊勢湾「安さ」PR 名古屋、四日市港(毎日新聞)

谷亮子、トヨタを退社し民主党から参院選へ(レスポンス)

女子柔道五輪金メダリストの谷亮子が10日、民主党から参議院選挙に立候補することを表明した。それに先立ち4月1日付で、嘱託社員として所属していたトヨタ自動車を退社している。

トヨタ自動車はこの件について「立候補表明は退社後のことなのでコメントする立場にない」という。

《レスポンス 高木啓》

【関連記事】
国交省、当選祝電をとりやめ---無駄遣い見直し
[総選挙09]週刊誌 特大号3誌を読み比べ
大矢アキオ『喰いすぎ注意』…驚愕! 料理界に“レスポンス現象”?
日産ミスフェアレディ、48人でスタート
民主党 特別編集

<パロマ中毒死>11日判決 遺族「安全対策の不備認めて」(毎日新聞)
草むらに50歳男性の変死体、靴は18m先で発見(読売新聞)
「金に困り…」盗んだカードで30万円分給油(産経新聞)
<仙台教諭殺害>入院時、高校に不審な電話数回(毎日新聞)
検証 医療ツーリズム元年(2)「検診へのニーズどれだけ」(医療介護CBニュース)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。